ココナラで相談をしたら「独立じゃなく転職だ」と思えた話

※記事内に広告を含みます

会社を辞めることにしました。
転職先はまだ決まっていません。

起業してフリーランスになったほうが、自由に働ける。
そんな声がたくさん聞こえてきます。

でも本当に大丈夫なの?
と不安になったので、ココナラでコーチングとカウンセリングのスキルを持っている人に相談してきました。

ことは
ことは

やるべきことがハッキリしたし、自信が持てたし、相談してよかったです!

なぜココナラで探したのか

転職すべきか、フリーランスになるべきか。
転職するなら、どういう職種につくべきか。

そういう相談がしたいとき、普通はキャリア相談サービスを頼るのがおすすめです。

  • キャリア形成センター ※厚生労働省委託事業
    無料で相談できます。
    以前利用しましたが、かなり親身に話を聞いてくれたので、まずはここで相談がおすすめ。
    詳しくはこちら
  • ジョブカフェ ※34歳まで
    無料で相談できます。
    46の都道府県に設置されているサービスで、カウンセリングが受けられます。
    詳しくはこちら
  • ミートキャリア
    求人紹介をしていないので、リアルな自分の強みや将来設計ができます。
    詳しくはこちら

プロがカウンセリングしてくれるので、スッキリするとは思うのです。
ただ、ちゃんとした組織ゆえに「型にはまった」ことしか対応してくれません。

こういうことも相談したいんですが…

そういったことには対応できなくて…

もう少し自由に、ざっくばらんに相談がしたい。
そう思ったので、ココナラで探すことにしました。

ココナラとは、知識や経験を販売できるサイトのこと。
相談だけでなく、デザイン制作や動画編集など様々なジャンルがあります。

自分の中で「ゆずれないもの」を軸にする

カウンセリングをしていただいたときに、まず「ゆずれないもの」が何かと聞かれました。
たとえば、収入が減ってもいいから夢を叶えたいのか、収入は増やしたいなのか。

私がゆずれなかったものは、

1人暮らしできるだけの安定収入がほしい

でした。

同棲や結婚の予定がないことと、
親と暮らすと険悪になるので、今の距離感を保ちたいのが理由です。

それを聞くとカウンセラーの人は「それなら転職活動をしたほうがいい」とおっしゃいました。

フリーランスに不安を抱いた理由は〇〇じゃないこと

私が「フリーランスになること」に不安を抱いていたのは、
それを薦めている人たちのほとんどが「結婚・同棲をしている」か「実家に住んでる」人だったからです。

結婚や同棲をしているなら、家賃や光熱費などは1人暮らしより安く済みます。
実家に住んでいるなら、支出は数万円で済みます。

私はそれらが叶いません。
だとすると、フリーランスで働くのは、かなり危険ということに気づきました。

カウンセラーを話すことで、自信ももらいました♪

相談中、自分でも言いすぎてるなと思ったくらい「不安です」と言ってたら
カウンセラーの方に「あなたは完璧主義者なのね」と言われました。

「頑張る」ではなく「楽しむ」を意識することなど、肩の力を抜くアドバイスをいただいたり、
今の自分のいいところを教えてくださったり、かなり自信をもらえました。

相談してスッキリするだけでなく、元気までもらえるとは。この人に依頼してよかったなぁと思いました。

ココナラでの探し方と、失敗しないコツ

ココナラは、ジャンルごとに検索でき、依頼できる人がランキング形式で表示されるので探しやすいです。
オススメのジャンルはこの2つ。

  • 悩み相談・恋愛相談・話し相手→仕事・職場・キャリアの悩み相談
  • オンラインレッスン・アドバイス→その他(オンラインレッスン)

私はオンラインレッスン・アドバイスのカテゴリーで「この人だ!」という方に出会いました。
(その人のページのリンクを貼っていいのか悩んだので載せてません)

失敗しないコツは、この2つ。

  • サービス内容をしっかり読む
    紹介文を読むだけで、おおよその人柄は伝わってきます。
    HSP・INFJの人ならなおさらピンとくるはずです。
    あまりにもビジネス文章すぎたり、読みづらい文章の人は避けたほうがベター
  • いきなり購入せず、「見積り・カスタマイズの相談」をする
    ココナラには購入ボタンの下に「見積り・カスタマイズの相談」というボタンがあります。
    ここで「こういう相談がしたいのですが…」と相談してみると、対応可能か返信が貰えます。

もちろん、他の人のレビューを読むことも参考になります。

ココナラは「誰かを頼る」練習にも使える

私はHSPなので、誰かに相談することが苦手です。
頭では「誰かを頼るべき」と思っているものの、罪悪感から行動できずにいます。

でもココナラなら、お金を支払って相談をするので、そこまで罪悪感がありません。

私は、ココナラを使えば、誰かを頼る練習ができると思いました。
相談することで、元気がでたり、自信が持てたり、いいことがたくさんあると自覚できれば
何かあったら相談してみようと思えるようになりますし、他人軸から自分軸にもなります。

注意点

相談相手はきちんと選びましょう。
心が弱っている人は、詐欺師にとって「最高のカモ」なのです。
被害にあわないよう気を付けましょう。

個人的には「HSPカウンセラー」より、国家資格のカウンセリング資格を持っている人をオススメします。

HSPはあくまで自己診断なので、そういう先入観なく自分のことを見てくれるカウンセラーのほうが安心です。
国家資格を持つカウンセラーで、HSPに詳しい人もいるので、そういう人を探すのもいいかも。

このブログでは、HSP・INFJなどの少数派タイプの人に向けて、少しでもストレスなく生活する方法を発信しています。
自己紹介サイトがあるので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

https://tanrenblog.com/blogger/lp/kotoharoom