小さな「できた」を積み重ね。目標達成が近づく「週末野心手帳」の使い方

※記事内に広告を含みます

目標を達成させたいとき、目標を立てても途中で挫折してしまうとき。
オススメなのが「週末野心手帳」です。

小さな「できた」を積み重ねていくうちに、気が付いたら目標が達成しているかも?
その秘密を解説していきます!

「週末野心手帳」って?

週末野心手帳」は、ブロガー・作家のはあちゅうさんと、NEXTWEEKEND代表の村上萌さんがプロデュースした手帳。

2人が「ちゅうもえサロン」というオンラインサロンを運営していたころに発売され、今年でなんと8年目。

手帳は「書きやすさ」が長続きのカギですが、
2023年版から180度ぱたんと開くタイプに改良されたらしいです。これは嬉しい!

▼色はヴィンテージピンクとベビーブルーの2色

¥2,310(2024/05/30 21:46時点 | Amazon調べ)
¥2,310(2024/05/30 21:46時点 | Amazon調べ)

叶えたいことを書くスペースがたくさん!

週間野心手帳」の使い方例をご紹介します。

①「FUTURE Map」で目標をテーマごとに書く

ディスカヴァー公式サイトより

1年後に自分がどうなっていたいかを、スキル、健康、家族関係など7つのテーマで書くページがあります。

テーマごとに書くことで具体的なイメージが湧いてくるので
「叶えるために、何をすればいいか」が見えやすくなります。

②毎月「今の自分を知る」時間がつくれる

ディスカヴァー公式サイトより

毎月、自分の本心を知るための質問が3つ書かれたページがあります。

手帳を買ったときに目標をつくって、満足してしまうことはありませんか?
このページがあれば、毎月自分と向き合う時間が作れるので、飽きることなく目標に向かって頑張れます。

また、今の自分に向き合っていくうちに、新しく挑戦したいことがうまれることも◎

③週間ページに「具体的プラン」を書いていく

ディスカヴァー公式サイトより

具体的な目標ができたら、週間ページに「今日やること」を書いていきます。
出来なかったら翌日以降に移動させてもOK。

「絶対やるぞ」という気持ちでいると長続きしづらいので、ゆるーく計画するのがオススメ

文字だけだとつまらない…という場合は、
右側のフリースペースにイラストを書いたり、プリントした写真などを貼ってもいいかも。

④デイリーページに「できたこと」を書いて自己肯定感アップ!

ディスカヴァー公式サイトより

デイリーページは2日分で1ページの「ちょうどいいサイズ」。
ここに「できたこと」を書くことで、目標達成に近づいている実感が湧いてくるはず。

見開きで4日分を見ることができるので、「こんなにできたんだ!」という気持ちになれるかも。

目標が見つからないときは、ポストイットを使おう◎

もし、目標が見つからないときは、ポストイットを使って頭の中を外に出すのがオススメです。

例えば断捨離で服を整理する際、引き出しの中身を全部外に出すことから始めていますが、
それと似た作業をすることで、頭がスッキリ整理されて、目標が見つかるかもしれません。

【ぐるぐる思考に】考えがまとまらないときに使える「ポストイット」思考法とは?

サブノートには文庫本サイズの「夜とカフェオレと日記帳」を

毎日の振り返りに便利な夜とカフェオレと日記帳をサブノート的に使うのもオススメです。

持ち歩きにも便利な文庫サイズで、書ける内容は「今日の振り返り」と「明日やること」のみ。

私は「週間野心手帳」に書ききれないことを箇条書きでリストアップし、
完了したものには〇を、明日にまわすものには>をつけるなど、バレットジャーナルのように使っています。

朝用・週末用もあります

朝とコーヒーと日記帳」や「週末と紅茶と日記帳」といった、朝や週末に使いやすいバージョンもあります。

朝用は、「昨日の振り返り」と「今日やること」が書けて、
週末用は「今週の振り返り」と「来週やること」が書けるので、いつ振り返りたいかによって選べます◎

気分が上がるカラー展開なのも魅力です。
※2冊セットなのは、1冊が半年分だからです

このブログでは、HSP・INFJなどの少数派タイプの人に向けて、少しでもストレスなく生活する方法を発信しています。
自己紹介サイトがあるので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

https://tanrenblog.com/blogger/lp/kotoharoom