INFJは「仕事ができない」のではなく、〇〇が苦手なだけ

※記事内に広告を含みます

MBTI性格診断で、INFJ(提唱者)は人口の1%しかいない生きづらい人。
周りと価値観が合いづらいこともあり、「仕事ができない」と思われがち。

こんなに頑張っているのに、なぜ伝わらないんだろうと思ったことはありませんか?
私も頻繁にあるので、改めて考えてみたのですが、もしかしたら「努力を伝えるのが苦手」だからではと思いました。

INFJにとって仕事は「できて当たり前」

INFJは強い理想を持っていて、変化に弱い頑固な面があります。
そのため、「これくらいの仕事はできて当たり前」と思うことが多いのではないでしょうか。

以前「INFJが生きづらいのは「〇〇論」を持ってるから?」の記事でも書いていますが、「~べき」論を持っています。
仕事に対する自分なりの理想形があって、そこをクリアするのは当たり前。
なので、その仕事がきっちりできたとしても、周りには話しません。

ですが、周囲の人たちはどうでしょうか。
評価してほしい、認めてほしい、昇給・昇進したい。
そんな人たちは、こぞって「○○ができました!」とアピールしていませんか?

私の元職場では、そういう人がとても多かったのですが、その光景をみるたびに

ことは
ことは

それくらいのことで胸をはるなんて…かっこ悪い…


と思っていました。それくらい、できて当たり前じゃないかと。

ですが、上司に好かれるのはこういう、小さなことでもアピールしてくる人だと気付きました。

上司は自分が思っているほど、部下の過去をみていない

INFJは内向型なので、自分のことをよく見ているし、知っています。
なので、これくらいの仕事はいつもやってるし、できて当たり前と思っているので、アピールしません。

ですが、多くの上司は、そこまで深く部下の過去を見ていません。
部下に「できた!」とアピールされたら、「できたんだな、すごいぞ」と思ってしまうのです。
ひとつひとつは小さな「できた」でも、何度も聞こえてくると「仕事ができる人感」が強まります。

INFJは理想が高く、たいていのことは「できて当たり前」なので、大きな成果がでたときしかアピールしません。
もしかしたら、大きな成果すら「当たり前」と思って誰にも話さないかもしれません。職人気質というか。

悲しいことに、多くの上司は、INFJの「できて当たり前だからわざわざ言わない」性質に気づいていません。
むしろ、自分に何も言ってくれないので、「何をしているかよくわからない」とさえ思われてしまっている。

それが周囲に「INFJは仕事ができない」と思われてしまう理由ではないかと思っています。

著:F太, 著:小鳥遊
¥1,509(2024/06/05 18:45時点 | Amazon調べ)

自分の「できた」ハードルを少し下げてみませんか?

頑張っているのに伝わらないと悩んでいるなら、
周囲に合わせて「小さなできた」を少しずつアピールしていくのはどうでしょうか?

INFJは人口の1%しかいないため、価値観が周囲と合いづらいです。
その独特な価値観を活かして、アーティスト活動やクリエイター活動に力をいれていくという選択肢もあります。
ですがもし、企業で働き続けるなら、悔しいけど周囲の価値観に合わせる努力が必要になってきます。

自分にとっては「できて当たり前」でも、周囲にとってはすごいことだったりします。
メールの返信が速いとか、頼まれた仕事を短時間で終わらせるとか。
自分にとっては当たり前でも、なかなか〆切を守れないタイプにとっては「すごいこと」。

「小さなできた」を発信し、周囲に「すごいね」と言われることで、自己肯定感が上がっていきます。

ことは
ことは

これってすごいことだったんだ!

なのでこの行動は、「周囲の価値観に合わせなきゃいけないのか…」という後ろ向きなものではなく、
自分の自己肯定感がぐんぐん上がって、さらに成長するためのもの。

自分のためになると思ったら、少し頑張れる気がしませんか?

Kindleで電子書籍を販売中です

このたびKindleで、初めて電子書籍を出版しました!
下手の横好き HSP×INFJだからできる心豊かな暮らし方」という本です。

販売ページへ進む

HSPでINFJの人は、生きづらいと心が折れてしまいそうになることがたくさんあります。
それを少しでも軽くして楽しむ方法をまとめました。

  • 安全な場所をつくる
  • 自分を知る
  • 対話などで客観的に整理する
  • 挑戦してみる

Kindle Unlimited 読み放題に入っている方は、【無料】で読めますので
年末年始のお休みのお供に、読んでいただけたら嬉しいです◎