手動コーヒーミル、ハンドルを縦に回すタイプで疲れとサヨナラ

※記事内に広告を含みます

コーヒーミルには電動と手動があります。
豆を挽く音も楽しみたいなら手動がオススメ。

しかし、手動のコーヒーミルは、手で持ってハンドルを横に回すものが多い。

ことは
ことは

絶対に疲れて、使わなくなってしまう…。

と思い、疲れない手動コーヒーミルを探したところ、
ハンドルを縦に回すタイプを見つけました!

手動タイプにこだわった理由

もちろん電動のほうがラクではあるのですが、スイッチを入れたときの音がどうも好きになれず。
ゴリゴリ…と豆を削る音が聞きたかったからです。

あとはキッチンが狭く、コンセントの数が少ないので、
コーヒーミルを使うたびにコンセントを差し替えるのが面倒だったからというのもあります。

縦に回せる!オシャレな手動コーヒーミルの魅力

購入したのはカリタのコーヒーミル
見た目がアンティークっぽくて、置いておくだけで気分があがります♪

手で持つのではなくテーブルなどの台に置いて使います。
ハンドルを縦に回すタイプなので、疲れることがありません。

Amazon紹介ページより

しかも、コーヒー豆を入れるところが広くて入れやすいのと、粉受けが引き出しになっていて可愛い。
豆を挽く作業が、本当に楽しいです。

ちなみに、蓋をあけた状態で豆を挽くと、ガリガリといい音が聞こえて好きです。
ただし、豆が飛んでいくことがあるので、自己責任で…(笑)

唯一のデメリットは

大きさが17×18×24.5㎝とちょっと大きめなので場所を取るのと、3キロあるので持ち運ぶ場合は大変かも。
私は、むしろその重厚感が気に入っています。

電動のほうが簡単ではあるものの、私にとってコーヒーを淹れる時間は気分転換
豆を挽く音、お湯が沸く音などを楽しんで、惹きたてコーヒーを飲んでリラックスしたい。

そんな自分にとって、このコーヒーミルは最適なのでした。

¥19,819(2024/06/05 11:05時点 | Amazon調べ)