退職したので【やる気アップ】できるバーチカル手帳を買った

※記事内に広告を含みます

退職したものの、しばらく転職先が見つかりそうにないので、自分磨きをするためにバーチカル手帳を買いました。
9月はじまりで、1,000円弱、そしてカバーがオシャレ。
なんだかとても頑張れそうな手帳だと思ったので、くわしく紹介します!

バーチカル手帳を買った理由

バーチカル手帳は、1日の予定を時間ごとに書けるのがメリット。

仕事をしてると7~8時間が「仕事」で埋まってしまうので、バーチカル手帳を使う意味があんまりない。
でも、無職になった今は、こっちのほうが1日頑張ったことが目に見えてわかるので、自己肯定感が上がると思ってます。

買ったのは、マンスリーが飛び出てくる「ワンセメ手帳」

今回買ったのは、ワンセメ手帳です。
1週間の予定ページの横に、月間ページが飛び出てくる優れもの。

マンスリーページは折り込まれていて、こんなふうに広げられます

毎日のログを週間ページに書いているときに、今月の予定を見たくなる時が結構あるので、
こうして見開きで両方見られるのが、とっても素敵だとおもって即決しました。

大学生の方々が作った手帳らしく、ワンセメとは「1学期(ワンセメスター)」の略なんだとか。
だから9月はじまり。そして来年3月までの半年分。
だからコンパクトだし、1,000円弱で買えます! ▶口コミ&使い方はこちら

ことは
ことは

使うのは転職先が決まるまでと思っているので、半年分というところも私にはちょうど良かったです◎

手帳・雑貨のユメキロック
¥980 (2023/11/28 18:21時点 | 楽天市場調べ)

やりたいことリストや収支管理もできる!

ワンセメ手帳には月間・週間予定のほかにも機能が充実しています。

  • ウィッシュリスト…30個の「やりたいことリスト」が書けます
  • 誕生日リスト…友達の誕生日やプレゼントしたものが書けます
  • サンクスページ…感謝の気持ちを書き留められます
  • 観たものリスト…映画や読書などの感想が書けます
  • 収支管理…家計簿が付けられます

もちろん年間カレンダーやメモ帳もあります!

あとは学生向けなこともあって、時間割やビジネス用語のページもあります。
社会人でスクールに通ってるひとには便利かもしれません。

ほぼA5サイズで手軽に使える!

サイズはB6(128×182mm)と、A5よりひとまわり小さいサイズなので、気軽に使えます。
半年分なので薄いし軽い。

それでいてカバーがオシャレなのも◎
ネイビーとブラウンの2種類あります。

今日どれくらい頑張ったかが見やすく整理できて◎

時間ごとの予定が書けるので、いつ起きたか、何を食べたかの記録もできるし、
「ダラダラすごしちゃったな…」と思っても、いざ手帳を見ると「意外と色々やってるじゃん」と思えたり。

自分はダメな人間だという思い込みが減るし、これだけ頑張ってるんだから大丈夫という気持ちにもなれます。
ついゲームばかりしちゃうな…というのも見える形になるので、ちょっと我慢しようかなと思えたり。
やる気がぐんぐん上がっていく手帳だと思います。

私は転職活動しながらFullmeでデザインの勉強をしたり、ポートフォリオを作ったり。
仕事が忙しくてできなかった趣味の時間を満喫したり。
やりたいことがたくさんあるので、ペンで色分けしながらカラフルなページにしていこうと思います♪がんばるぞー

▼Fullmeの講座内容はこちら

手帳・雑貨のユメキロック
¥980 (2023/11/28 18:21時点 | 楽天市場調べ)

このブログでは、HSP・INFJなどの少数派タイプの人に向けて、少しでもストレスなく生活する方法を発信しています。
自己紹介サイトがあるので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

https://tanrenblog.com/blogger/lp/kotoharoom