【書評】何色を選ぶかで「今の心理状態」がわかる本

※記事内に広告を含みます

あなたは、下の図の5か所それぞれに、何色を使いますか?

どこに何色を使ったかによって、今の自分の心理状態がわかります。
一瞬で心が整う「色」の心理学」という本を読んだので、感想を書いていきたいと思います。

どんな本?

一般社団法人日本ユニバーサルカラー協会代表理事の南涼子さん著の「一瞬で心が整う「色」の心理学」という本で、国内外の「色にまつわる研究」をもとに、心と体を整える方法が書かれています。

面白かったページに付箋を貼っていたら、ものすごい量になってしまった…。
書かれていることは、大きくこの3つ。

  • 色でわかる心の状態
  • メンタル不調や体を整える「色の選び方」
  • 自分を知るためのカラー診断

「白いものしかない部屋は疲れる」のようなポピュラーな話から、「ストレス発散を促すのは赤・濃いピンク・オレンジ」「対人ストレスを和らげるのは緑」などを、「なぜその色が良いのか」というところまで詳しく説明されています。

また、電車への飛び込み自殺を防ぐ効果があるとして、「青色灯」が山手線の全駅に設置されるなどの具体的な例もあり、実は社会とも深く結びついているんだなと思いました。

無意識に選んでいる色で自分の心理状態がわかるということは、選ぶ色を意識的に変えることで、自分の心理状態を変化させることもできるということです。なかなか悩みから抜け出せないな…と思ったときに使えるテクニックだなと思いました。

自分を知るための「カラー診断」も!

12色の中から好きな色を、5つのエリアそれぞれに塗ります。
中央の円・右上・右下・左上・左下の5か所に、赤・オレンジ・黄色・緑・水色・青・紫・ピンク・茶色・白・灰色・黒の12色です。どこにどの色を塗るかで意味が変わるので、位置にも気を付けましょう。

これによってわかることは、この5つ。

  • 中央の円:今の心理状態
  • 左下:無意識、内面、過去の出来事
  • 右下:無意識に抱える葛藤、抑えている欲求
  • 左上:表に出さない本音、本心
  • 右上:願望、なりたい自分像

それぞれの位置・色について、詳しく説明されているので、気になった方は本を読んでみてください◎

ちなみに、私の結果は…

ちなみに、私が選んだ5色はこうなりました。なんかちょっと暗いですね…笑

結果を見たら結構当たっていたので笑いました。

  • 中央の円→茶色
    欲求を叶えられず、不満や葛藤を感じている。安定したい場所を求めている。
  • 左下→紫
    ストレスや心にダメージを追う出来事があった。複雑な悩みを抱えていた。
  • 右下→灰色
    人から無視されていると感じている。今の環境から抜け出したいと考えている。
  • 左上→オレンジ
    マイペースに物事を進めていきたい。プレッシャーから逃げたい。
  • 右上→青
    精神面の豊かさを追求したい。自己研鑽して責任と誇りを持って生きたい。

職場でメンタルが不調になり、うつ状態で休職したのが去年の話。
復職したものの、居場所をゼロからまた作っていかなければ…と思っていることや、

ストレスのない安定した場所で、マイペースに生活したい(会社を辞めてフリーランスで働きたい)ので、
自己研鑽(勉強などで知識を深める)をして、ブロガーやその他の活動を頑張っていこうと思っている。

という部分に、ピッタリ当てはまっていました。

この本は、上に書いた結果だけでなく、それぞれの色の心理について、もう少し詳しく書かれています。
なんとなく「この色が好き」と思っていたけれど、意味があったんだということがわかって、かなり面白かったです。

部屋の色を変えて、心も体も健康に♪

よく眠れない人、冷え性に悩む人、片頭痛に悩む人にオススメの色も、さまざまな研究結果をもとに紹介されています。

薬がうまく効かない場合は、部屋の色を変えてみるのも手かもしれません。

私は机の周りに色を置くことから始めようと思います◎

このブログでは、HSP・INFJなどの少数派タイプの人に向けて、少しでもストレスなく生活する方法を発信しています。
自己紹介サイトがあるので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

https://tanrenblog.com/blogger/lp/kotoharoom