独身女性の老後、お金以外にどんな準備が必要?

※記事内に広告を含みます

結婚する予定がなく、おひとりさま老後を迎えそう。
その場合、老後資金は最低1,000万円必要と言われているものの、ピンとこない。

とにかく貯金だ!とガムシャラに頑張るのもいいですが、
もう少し具体的に、老後の生活をシミュレーションしてみました。

年金の平均受給額は

厚生年金の平均受給額は、女性の場合月10万円(※参照
国民年金の平均受給額は月5万円。(※参照

老後の生活費は、食費・住居費・税金・保険料などを合わせて月15万が平均。
なので、厚生年金を貰う人は約1,200万円貯金しておかないとマズイ計算。
国民年金を貰う人は約2,400万円貯金しておかないとマズイ。

定年退職後、住むのは賃貸or実家?

貰える年金額を考えると、貯金額によって住む場所が変わりそう。

貯金が無い場合→実家か賃貸

貯金がない場合、もし実家がある場合は実家に戻るほうが金銭面の負担は少なそう。
親の介護を考えても、実家に戻るほうが安心。

持ち家にかかる維持費は年間30〜40万円(※参照
 ・固定資産税…年間10万円~20万円程度
 ・保険や修繕費など

実家がない場合は賃貸になるが、家賃額はかなり下げないと生活費が足りなくなりそう。

家賃8万円の家に住んでいる場合

→8万円×12か月=年間96万円

2倍近く差がある計算に。
ただ実家の修繕費がかかる場合もありそう。

実家に帰ったら〇〇対策は必須!

ダスキンのゴキブリ(害虫)駆除サービスなら、無料診断時にゴキブリを徹底除去
さらに、ベイト剤(毒餌)を効果的な場所に設置して、徹底駆除してくれます!
月1回来てくれるサービスもあって、とても便利です。

家の防犯はセコムと連携すべし!

MANOMAなら、スマホで家の状態が確認でき、
もし侵入者が現れたときは大音量の警告音で撃退&セコム出動してくれます。

貯金がある場合→マンション購入

ある程度の貯金があるなら、早めにマンションを購入しておけば住居費の心配は消えそう。

友達同士でシェアハウスに住んで、そこに介護の人が来てくれるのが一番楽しそう

金銭面でも安全面でもおトクだし、そういうサービス誰か作ってくれないかな(他力本願)

老後に友達とシェアハウスという手も…

クロスハウスなら、保証人不要で借りられて、部屋は全室鍵つき。
清掃もしてくれて、家具家電つき。これで3万円~は安い。

▼中古でもリノベーション済みならキレイ

▼中古マンションをリノベーションするなら

▼家を買うという選択肢も

家事をする体力が落ちてきたら…

自炊が面倒になったら宅配を検討

様々な宅配サービスがあるので、栄養面でも心配は無さそう。

人気のネコ型配膳ロボット、老後には安くなってないかな(笑)

家事代行におまかせするのも◎

換気扇など掃除もまるごと依頼したい

総合通販PREMOA 楽天市場店
¥17,105(2024/02/27 12:55時点 | 楽天市場調べ)

ピンチの時に助けてもらえる環境づくりも必要

誰にも迷惑をかけたくないなら老人ホーム

1人での生活は不安がいっぱい。
住んでいる家を売って、老人ホームに入ることも検討したほうがいいかも。

▼老人ホーム検索ならここ!

兄弟や親せきがいるなら「見守り」サービス

もし兄弟や親せきが協力してくれるなら、見守りカメラを設置するのも良さそう。
【みまもりCUBE】」なら、コンセントに指すだけで設置OK、スマホやタブレットなどから見守れます。月額5,940円~

便利グッズはほかにも

避けられない音量問題

テレビ用スピーカーがあるだけで騒音問題・ご近所づきあいの問題が軽減されそう。

ミライスピーカー公式ストア
¥19,250(2024/02/27 12:55時点 | 楽天市場調べ)

体力が無くなっても楽しめる趣味さがし

ジグソーパズルなら頭の体操にもなって認知症予防できそう。

AIロボットが話し相手になってくれる

友達となかなか会えなくなっても、AI会話ロボット「Romi」がいればきっと楽しい。
mixiの会社が開発したAIロボットで、おしゃべりしたり、ニュースや天気を教えてくれたり、歌ってくれたりします。
月額1,357円~

¥54,780(2024/02/19 19:04時点 | Amazon調べ)

AI技術はこれからもっと進化しそうなので、老後に便利そうなものを見つけたら随時追加していきます!

具体的な生活を考えるだけでも、漠然とした不安が減るかも

老後に必要なお金のことを考えるのは、もちろん大切ですが、
自分の生活に置き換えることで、具体的な貯金額が計算しやすくなり、不安が少し減るかもしれません。
ぜひ試してみてください◎