友達と会えなくなった独身30代の、リアルな家計見直し

※記事内に広告を含みます

派遣社員から正社員になり、毎月の収入が一定になりました。(残業代込みのため)
とはいえ、30代の平均年収377万円には届いていない…。

老後のことを考えると、貯金について本気で考えなくては…と思ったので、家計簿から毎月の平均額をだしてみました。

家賃75,000円だいたいの金額です
食費30,000円ベースフード代含む
光熱費10,000円
通信費15,000円
美容費10,000円美容院代を1/2に割った金額+化粧品など
サブスク3,000円dマガジン、dアニメ、Youtube、Romi
病院・保険20,000円整骨院、婦人科など
娯楽・その他30,000円月によって変動
友達が子育てなどで遊べないので交際費ゼロ

収入が手取り21万円なので、贅沢しなければ月2万円貯金できる計算。

去年はうつ状態で休職したため、お給料ゼロで傷病手当金が支給されていたのと、高めのスーパーで食材を買ってたり、朝食もガッツリ食べていたので、貯金ほぼゼロでした。

去年初めて支給されたボーナスが15万円くらいだったので、めっちゃ頑張れば40万くらい貯金できるはず。
定年まで20年と考えると、大きな病気などなければ、800万円貯金できる計算。

ことは
ことは

でも40歳以降は介護年金が引かれるし
PCを買い替えたり、家の修理もあると考えると600万円くらい…?

やっぱり、もうちょっと稼げる人になりたい。

節約のためにやったこと

この家計簿にするために、節約を試みたのはこちら。

  • 通信費(PC・スマホ)はケチらない
  • サブスクはできるだけ削る
  • 洋服代は質が良いものを長く使う
  • カフェに行くのはストレスが溜まったときだけ
  • ネイルや脱毛はせず、自分でがんばる

カフェ大好きなのですが、1回1,500円以上かかるしな…と考え、おうちカフェに変えました。
サブスクは毎月かかるものなので、ムダをとことん省くようにしています。

今までは交際費がかなりかかっていた

あとは2年前くらいまで、飲み友達が多かったので、飲み会代がハンパじゃなかったんですよね…。
飲み会は楽しかったし、美味しいものもたくさん食べたし、深い話もしたんですけど…。

昼間に遊ぶ場合も、ランチしてどこかに行って夕飯食べるコースだったのですが、
今はみんな、子育て・介護・同棲などで頑張っているので、パッタリ無くなりました。

こうして振り返ると、交際費けっこうかかってたかもしれません。

著:山崎元, 著:大橋弘祐
¥1,564 (2024/07/06 04:19時点 | Amazon調べ)

収入は増やしたいけど投資は不安

投資の勉強いろいろしてみたのですが、長い目で見ていないといけないし、スシローの株価暴落などを見ているだけで不安でいっぱいになるので、たぶん向いていないんだと思います。

なので副業で収入を増やす方向で、頑張るしかないな…と改めて思ったのでした。

このブログでは、HSP・INFJなどの少数派タイプの人に向けて、少しでもストレスなく生活する方法を発信しています。
このたび2冊目の電子書籍を出版しました!
HSP×INFJの私が、30代のうちにやって良かった10の方法」という本です。

詳細・購入はこちら

あと半年後に40歳を迎えるのですが、不安よりも楽しみな気持ちのほうが大きくて、
そう思えるようになったのは、休職時代から試行錯誤してきた結果だと思っています。

具体的にどのようなことをしてきたのかを、10の方法にまとめました。
以前ブログに書いた記事から、大幅加筆しました。

  • 自分を知るための「棚卸し」をする
  • 人間関係を整理し、適切な距離感をとるようにする
  • 定年を見据えたキャリアプランを練る
  • 住む環境を整える
  • お金の管理をしっかりして老後に備える
  • 健康に気を付けた食生活に変えていく
  • 若いうちにできることに挑戦する
  • 新しい刺激をたくさん受ける
  • 不調になりかけたときの対処法を持っておく
  • こまめに自分と向き合う時間をつくる

この10個について、ブログに書かないような体験談を交えながらまとめました。
私にとって30代の集大成的な本になりました。

Kindle Unlimited 読み放題に入っている方は、【無料】で読めます!

自分と同じHSP・INFJの人のヒントになれたら嬉しいです。